オンライン英会話のおすすめを徹底比較

オンライン英会話とは、その名の通りオンライン上で英会話を学べるシステムで、交通費などをかけて英会話教室に通わなくても英語を学べるとして近年では人気となっています。スマートフォンでも利用できますが、パソコンの方が画面が大きく音声も明瞭であるためスカイプなどの無料ツールなどで会話をしている人が多くいます。スカイプの場合、利用料金がかからないため無料で勉強ができるというわけです。音声だけでなく実際に講師の顔を見ながらの学習ならば、講師の発音の仕方や口の動かし方までもマスターすることができます。外国人の友人がいれば、無料あるいは少々の心付けなどで語学を教えてもらえるかもしれませんが、全員が全員、そのような人ばかりではありません。英語を勉強したくても、交通費をかけてまではやりたくないという人も少なからずいます。そこで、オンライン英会話のおすすめを比較して自分に合ったスクールを決めてみてはいかがでしょうか。まず挙げるのは、DMM英会話です。対象レベルは子供からビジネスレベルまで幅広く設定されています。在籍している講師の国籍は60か国以上で、5,000人以上の人数がいます。毎月5,500円かかりますが、ネイティブとのレッスンではこれにプラスされた料金が必要です。月額だけで見ると、人によっては高く感じてしまうかもしれませんが1レッスン当たり177円であるため、比較的安く勉強をすることができます。上述の通り講師の在籍数が多いため、予約がかぶらずに講師を選ぶことができコミュニケーションもレッスンもスムーズに進めることができるというメリットもあるのです。その一方で、人気の講師の予約は取りづらいという声もありますが、この点は後述する他のスクールと変わりはありません。時間に関係なく指導を受けることができるため、仕事終わりに1レッスンという人も多く見られます。続いて紹介するのは、レアジョブ英会話です。講師の国籍はフィリピンだけですが、日本人スタッフも常駐しているため困ったことがあれば日本語で相談できる点が魅力です。模擬授業を受けることで、どのような指導が行われるのか把握することもできます。ネイティブ講師がいないというデメリットもありますが、講師全員がハイレベルなため大きな問題はありません。また、クラウティもおすすめのオンライン英会話です。講師数は250名とこれまで紹介したスクールに比べるとやや劣りますが、月額料金が4,860円とかなり安く設定されています。家族で利用する場合、一人ひとりがアカウントを作る必要はなく家族でシェアできるため仲良く勉強をすることが可能で、お互いに教え合うことで家族の絆も深まるとして人気のスクールです。上級レベルには対応していないため、ある程度の英会話ができる人には物足りないかもしれませんが、それでもビジネスレベルまでは対応しているため、英会話の技術を磨くことが可能です。最後に紹介するのは、ECCオンラインレッスンです。ECCはテレビコマーシャルでも名前を聞いたことがあるという人もいるかもしれませんが、その会社が通学のみならずオンラインでも事業を始めました。対象としているレベルは高く、外国人と英語で会話ができるだけでなくディスカッションレベルにまで対応しており、一線で働いているサラリーマンが多く利用しています。ネイティブ講師はもちろんのこと、バイリンガル講師も在籍しておりあらゆる場面を想定した学習が期待できます。講師が200名程度のため予約が取りづらいこともあるかもしれませんが、それでも講師のレベルが高く短期間でマスターしてしまう人も少なくありません。